« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の14件の投稿

2009/07/30

製菓講習会

Photo 昨日に引き続き、日仏さんの講習会。

今日はお菓子です♪

日仏さんで扱っているコンパクトキッチンマシン「BOSCH」を
使用します。

このマシン、本当に優れものだと思います。

首振りミキサーなのでパン生地もしっかりとよい生地がやさしくこねあがり、ジェノワーズも決めの細かい理想的な状態に仕上がります。
ボールの形状も考えられていて、生地がしっかりと全部からまります。

キッチンカッターでは強弱を4段階くらいに設定できることもエライ。

キッチンエイド、クイジナート、バーミックス。。。
これら全部の機能をBOSCHでフル装備することができるんです。
上記3品を全部購入するよりはるかに安い。
あ、ついでにジューサーも装備できるそうです。ジューサー欲しい・・・

あれもこれももっているので、
今更購入できませんが、本当に機能はいいようです。
見た目よりも機能重視するならぜったいこっちかな。Photo_2 Photo_3

今日も内容もりだくさんで、
講師やスタッフのみなさん、
とても大変そうでした。
計量や下準備もすごく時間かかるんですよね。。。

講習は10:30からスタートし、
4:00くらいまでかかる長丁場。

しかも今日は講習終了後、函館へ飛行機でむかう予定のようでしたが、
講習が長引いて予定していた飛行機も1本遅らせたみたいで。。。

そして函館でも講習会がまっているようで、
(え~~、この講習会を3日連続~~sweat01Photo_4 P1170118a
本当に体力勝負の仕事で頭がさがります。

ただ、のんきに受けているだけの私でさえ、
なんだかすっごく疲れてしまっているのに。

どれもこれもね、
素材がしっかりしているし
美味しかったです。

とても勉強になった2日間。

2日とも雨の心配がなくチャリで頑張りました~~
疲れましたsweat01

| コメント (0)

2009/07/29

製パン講習会

P1160947日仏商事さんの製パン講習会に
参加してきました。

講習会は内容もりだくさんでぐっと詰め込まれていました。

ブリオッシュ系が4種。

フランスパン2種。

ビスキュイドブリュッセル・・・ベルギーの家庭のパン。

ガトーオリーブ・・・蒸しパンのようなバターケーキのような塩味のケーキです。

上の写真はフォカッチャみたいですけど、
パン屋さんでよくみかけていたブリオッシュ。

ラングドグッフという名前で牛の舌という意味だそうです。

まさかこれが牛の舌だなんて思いもせず、
他によっぽど牛の舌っぽいパンの写真があったので、P1160980a
そちらのほうと勘違いしてしまいました~

ほら、こっちのほうが牛タンぽくありませんか?→

これはビスキュイドブリュッセルで
ヴェルジョワーズとグラニュー糖をあわせた中でめん棒で
うすく伸ばして焼き上げたパンです。

さまざまな商品を使用して美味しいパンを教えていただきました。

日仏さんの商品、もっと札幌でも手軽に手にはいるといいな。

P1160989a 
ブリオッシュ生地のパン。

ちょっと切れていますが
左からメロンパン。
成形がメロンパンぽくありませんが、
しっとり美味しいです。

ラングドグッフ。

ポム・エ・パッション・・パッションクリームとリンゴが爽やかです。

胡麻とつぶ餡のブリオッシュ。
つぶ餡には練乳がねりこまれていてまろやか~^^

美味しいパンをいっぱい教えてもらいました♪

 

| コメント (0)

2009/07/28

黒いマニキュア

P1160903a 今日は久しぶりに車を使える日だったので、
いっぱい楽しい予定をいれていました。

テニスで滝のような汗を流した後、
軽くシャワーをあびて
スタンプーさんとパスタランチ^^

テニス後で、お腹もめっちゃすいていたので
がっついてしまい画像取り忘れ!!

ところでそのお店は、
外靴を脱いでくつろぐというコンセプトのお店。

げっ!
実はわたくし、現在足の爪3本死亡中。
テニスシューズがやっぱりあっていないのか
黒くそまった足の爪。

今年はサンダルなんか無理なんだ・・・
サンダルじゃないおNEWなシューズも購入。

普段マニキュアなどできない私なので、
ほとんど捨ててしまっていたのですが、
それでも残っているものをいろいろヌリヌリしてみました。
が、
黒い色は赤では隠しきれないんですよお~~~

でも、以前は考えられなかったブラック系がハヤっているので
ラッキーでした♪

きれいに隠れるよーン。

最初抵抗あったけど、慣れましたscissors

今日はたまたま一部剥がれていたので、除光液で落としたのはいいけれど、
塗る時間はなくいいや~と出かけたら
ハダシになるはめに。。。
あはは、お恥ずかしい・・・・

たくさんおしゃべりした後、
美容室へ。

今日はハードスケジュールだったな~

| コメント (0)

2009/07/27

雨ばかり。。。。

P1160857a  今年は本当にどうしちゃったんでしょう。

毎日毎日、雨雨雨・・・
雨の降らない日なんてないんじゃないかって思うくらい。

一向に雨がやまないので
木苺も雨の中収穫したりしていますsweat01

こんなに降り続けると、農作物への影響が心配です。

そう、それに小麦だって、もうすぐ収穫期なのに。

赤カビ病の発生も心配ですが、
発芽してしまう心配も。
でんぷんをエネルギーにして発芽するので
低アミロ小麦となってしまい、パンなどには使用できない小麦になってしまいます。

病気に関しては農薬がやはり有効ですが、
最近は過敏になっていて、小麦の有機栽培なんていうことはできないのかな。
なんて思います。
先日の講習会でもその質問がでたのですが、
有機小麦で作った1斤の食パンは3000円くらいするそうです。

それだけ手間がかかり、歩留まりも悪い。
3000円の食パンを購入することがあたりまえの日本にならないかぎり、
農家は生活できないですよね。

洗濯物も乾かないな~~
本当にすかっと晴れてほしいですね!

| コメント (0)

2009/07/23

夏の講習会

P1160837 今回のテーマ
「北海道における小麦育種の現状と「春よ恋」の開発秘話」。

長沼町のホクレン農業総合研究所での講習会です。

方向音痴の私にとってはかなり遠いので
勇気のある参加!
Oさん、背中を押してくれてありがとう。一緒じゃなくちゃ行けなかったよ~~dash

P1160836a 渋滞や迷うことも考えて、1時間前には楽勝で到着する時間に出発したのに、
結局ぎりぎりについてしまい、お昼用に買ったおにぎりを食べそこねてしまった。。

アイスなんかゆっくり食べてちゃいけなかったよね 笑

「ブルーシーズ」だったかな?
のベニマンゴ。
沖縄の紅いもとマンゴーのミックスアイスは美味しかったです。

そして運転中、部分日食をラッキーにも雲の切れ間から
見ることができましたscissors

講習会は1:00からスタートし、終了したのは5:30過ぎでした。

そして家についたのは・・・ちょっと大谷地あたりで迷走してしまい、
7時半すぎ!

さて、講習会。
くわしいお話のあと、研究施設内の見学。

小麦の品種開発のためには通常10年もの歳月がかかるそうです。
もっと迅速に、
求められる品質の小麦を開発するための戦略として、
葯培養(やくばいよう)法
・・・オシベを培養して育種期間を3年短縮し7年で開発できるようにしているそう。

収穫間間近の小麦畑も見学しました。

P1160854
「春よ恋」は、
アメリカの品種「Stoa」を父に、
「ハルユタカ」を母として
生まれてきた品種です。

実際畑で並んでいるのを見てみると、
背の高い父と低い母の中間の背丈に成長している「春よ恋」。

P1160872b_2P1160870a  断然クールでかっこいい小麦は
ドイツの品種「Max」。・・・名前もいいし。

でも長沼の土地には合わないのか、
今年は雨続きのためなのか、赤かび病が発生しています。

たくさん収穫でき、病気に強く、製パン性がよいコムギ。

しかも北海道の小麦を生産している全地域において、こういった課題をクリアできる品種を開発しているんですね。

そりゃ、10年くらいかかっちゃうよね。。。

製パン性のよい小麦。
これについては意識の違いも問題提起されました。

あくまで食パンを基準に製パン性のよさを求めている側と
モッチリ感、ボリュームよりも、味、風味のよさを求めている側。

北海道で真摯にパンを焼き続けているリテイルベイカリーさんの
本当に欲しい北海道の粉は、
フランスやドイツに負けないハード系パンを焼き上げることができる粉なのかな・・・と
お話を聞いていました。

まだまだ朝食パンといえば食パンという北海道の消費者の意識を変えられるような
そんなおいしいハード系パンを焼ける粉が北海道で新品種として誕生したら
すばらしいですね。

P1160845a

日本の小麦粉は等級がわかれていて、
できるだけ表皮部分を取り除いた胚乳のみを製粉した粉ほど
グレードが高く良い粉として評価されているようなのですが、
なんでかな?と思ってました。
表皮に近い部分には灰分が多く、栄養もミネラルもたっぷりなのに。。。
ある製粉会社さんの講習会で質問してみたことがあります。

「日本の粉はなぜ、白い粉のほうが等級が高いのか。
フランスやドイツでは灰分の高い粉が主流なのにどうして考え方が違うんでしょうか?」

3年ほど前の質問でしたが、
その時は「日本は製粉技術が高いから白くできるんですが、
ヨーロッパはそうではないので、白い粉は流通していない」
みたいなお話でした。

きっと求めるパンも国によって違うからなんでしょうね。
イギリスはイギリスパンだからやっぱりふんわりとボリュームの出る粉を使っているのでしょう。

いろいろ考えるとおもしろいです。

私などまだまだ、本当のパンの美味しさなんて
これっぽっちもわかっていないような気がしてきました。

それほど熱い思いが交差する講習会で、
とても勉強になり、
がんばって遠出した甲斐がありました。

とっても貴重な体験に感謝、感謝です!

| コメント (0)

2009/07/20

木イチゴのジャム♪

P1160823a すっかり日課。。

雨が降らないかぎり、木苺を収穫して、
丁寧に洗ってジャム作りのために冷凍しています。

収穫では
熟しすぎていたり、ちょっとでも痛んでいたりするものは
迷わず捨てています。
今年は雨ばかりなので、葉っぱの奥のほうで
痛んでしまっているものも多いです。

なので60%以上は捨てていることになりますね。

P1160813a

収穫のときにまずはいいものだけを分別して、
さらに、水洗いして房をはずし、
真っ白なキッチンペーパーにしばらくおいての
最終チェック。

勝手にたわわに実をつけてくれる木苺ですが、
ジャムにするまでの工程は手をかけまくっていますよ~~

ということで、P1160827a
第1弾の木苺ジャムが出来上がりました~~

オーソドックスな作り方なので
こちらも簡単。

煮詰め具合は
「感」・・・です。

毎回作るたびに違うものができる
・・・なんてことはあまりないと思いますが、

煮込んでいるのがル・クルーゼの鍋なので、
ビンに詰めるうちに
余熱でどんどん煮詰まってしまうのがタマにきず。

最初はけっこうゆるゆるジャム。
最後に鍋に残ったジャムはけっこう硬めになります。
でも鍋にはりついたジャムのかたまりって濃厚で、
ペロリとなめるととっても美味しいです♪

P1160606a P1160809a

夕張メロンや
さくらんぼ。

美味しい頂き物で
お腹も満足~~。

ところで、
桜の木に真っ黒なさくらんぼ?発見!
P1160755a

これって何?
食べられないよね~~

ちょっと怖くて
とることもできないでいますsweat01

| コメント (0)

2009/07/13

メアリーポピンズ

P1160765a P.L トラヴァース作の
「風にのってきたメアリー・ポピンズ」
「帰ってきたメアリー・ポピンズ」。

この本を親戚から贈っていただいたのは
私が小学3年か4年生のころ。

今の小学生とは違い、
もてあます時間はたっぷり。

なので、何度も何度も読みました♪

イギリスの物語は大好きです。
だって、お茶会とかお茶の時間がたっぷり描かれていますheart04

この本にもたくさんのお茶の時間が。


・・・「あれっ、プティングないの?」
マイケルは、メアリーポピンズが、お皿や茶わんやナイフを両腕にかかえて、
子供部屋のテーブルにお茶のしたくをはじめたとき、いいました。・・・

こんな文章はもうワックワクでした。
子供部屋でお茶のしたく~?毎日?うそ~・・・夢みたい~~P1160767

ウィッグおじさんのお宅にお茶によばれた
メアリーとジェインとマイケル。

誕生日には笑いガスがたまって空中に浮かんでしまうという
おじさんと空中でお茶会です→

そして・・・
私がフランボワーズじゃなく、ラズベリーでもなく、
どうしても木イチゴとよびたい理由はきっとここに。

P1160766a_2 待ちに待った外出日。
でも恋人のバートは、メアリーをお茶にさそえるような
お金は持ち合わせていません。

バートが歩道に書いた絵を2人一緒に眺めていると
2人はいつの間にか絵の中に。

お互いオシャレな服装にかわっていました。

・・・しばらくゆくと、日の光のそそいでいる、ちょっとひらけた場所にでました。
するとそこには、緑色のテーブルがあって、その上には午後のお茶が用意してあったのです!
真ん中には木イチゴジャムのお菓子が、メアリーポピンズの腰の高さくらいまで積んでありましたし、
そのそばには、しんちゅうの湯沸しにお茶がたぎっていました。
もっとすばらしいことには、二皿にもった、からつきのニシ貝があって、身を取り出す、金の楊子まで
ちゃんとふたつついていたことです。
「うわあ、すてき」とメアリーポピンズはいいました。
それはメアリーポピンズがうれしいときに、いつもいうことばです。・・・

大好きな場面です♪P1160763a P1160764a

私の木イチゴへの憧れは
ここからはじまっていたんですね。

昨日は雨で収穫できなかったので、
2日分をまとめて。
かなりの量ですsweat01

収穫している間にも
最初に収穫した部分は
赤く色づいてきているんじゃないかと思うくらいです。

今年も美味しい木イチゴジャムができますよーに♪

| コメント (0)

2009/07/10

木いちご

P1160757a P1160748a
バラが終っちゃった~
と嘆いていたら、
木いちごが真っ赤に色づいてきました♪

初収穫です^^

苗を植え込んでから、
肥料を与えることもなく何年も経過していますが、
毎年たわわに真っ赤な実をつけてくれます。

日があたらない奥のほうまで
どうして真っ赤になるのか不思議でなりません。

しかも!
とうぜん有機栽培。
eco、bio、オーガニックでございます!えっへん。

これから1ヶ月くらいは毎日収穫しなくちゃいけませんね。P1160760a
けっこう大変です。

雨が降っている日は収穫できません。

でも実はおかまいなく赤く熟してしまうし、
雨にあたると実が柔らかいので
傷んでしまうのでやっかいです。

とりあえず、そのままいただいたり、
ヨーグルトにいれて食べていますが、

これからはコンフィチュール用にも
下処理をして冷凍保存もしなくちゃね。

ある程度量がたまったら、
煮込んでジャムにします♪
簡単で美味しいんですよ~~

| コメント (0)

2009/07/08

オアシス消滅!

P1160663a2週間ほど
充分に夢の世界にいざなってくれていた薔薇たち。

2,3日前に切花としてはラストのお花を摘みました。

今年は本当に沢山咲いてくれたので、
当然花ガラ摘みは大変なことになる予定ですweep

ということで、
庭の薔薇オアシスはほぼ消滅~~

では!
ということで近所のスタバへいそいそと出かけました。

ゆっくりとお茶をしながら
TSUTAYAの読みたい本を何冊でも持ち込んで読むことができる
最高のオアシス☆

しばらく忙しかったので本当に久しぶり。
見たい雑誌も新しいのがでまくっているだろうしワクワクhappy01

P1160747a_2  チャリをとばして、
ついてガーンdown

改装中で7月末まで利用できないという張り紙が。。。。。。
しかも今日から改装。昨日まで営業してたなんて。

なんて運がないんだあsweat01

またひとつ、
私のオアシス消滅。

しょうがないので、
まだ読んでいなかった「ハリーポッター 謎のプリンス」を、
家でおとなしく読むことにしようかな。。。
映画見る前に本を読んでいたいので。
映画公開前にあまり先の巻までさきばしって読むと、
ストーリーがごっちゃになるので、直前に映画の巻を読むことにしています。

一応、スタバ気分を味わいたくカフェモカ淹れたんですけど
・・・・・美味しくない。
やっぱ、今度、ハリポタもってスタバに行こうっと。

| コメント (0)

2009/07/05

いい焼き上がり♪

P1160658a 紅茶の角食パン、いい感じに焼きあがりました♪

山食と違いフタをして焼き上げるので、
見た目のgoodな焼き上がりをめざし、
生地量もいろいろ変えて焼き上げていましたが、
今日はいい感じになりました。

私はあまり角ばった焼き上がりよりも
ホワイトラインがでる焼き具合が好きです。

ですがこのパン、オーブンから出し、
型から外したのは夫です。

なぜって、2時間おきくらいに出かけなくちゃいけない用事があり、
どうにもこうにもいかず、
コンサドーレのTV中継を2階でテレビ観戦している夫にムリムリ頼み込みしましたsweat01
「なんで、1週間に1度しかない試合中にそんなことしなくちゃいけないんだ!!
しかも、その時間は試合終了5分前で、いちばんヒートアップしてる時間じゃないか!!」

て、ブーブー言ってましたが、
B-CASカードをオーブンのある1階リビングのTVに移動してもらって
なんとか了解してもらえました~~

出かける直前にオーブンにいれ、
30分後にタイマーをかけ、
「タイマーが鳴ったら、オーブンからだして、フタをはずして台に打ち付けて
型からはずして、アミの上にのせておいてね~」

↑結構めんどくさい指示ですよね。
申し訳ない。お許しを~~~

今回は茶葉も新鮮で、直前にパウダー状にしたものなので、
焼きあがる途中はきっと紅茶の香りがいっぱいだったのかな・・・

なんて、その場にいれなかったことを後悔している私です。

| コメント (2)

2009/07/02

海鮮市場めし 兆 kizasi

P1160649a P1160650a
母が庭の雑草取りを手伝いにきてくれました♪

本当に母がいないと
我が家の庭は雑草が膝の高さまで
きちゃいそうです。

もう薔薇も終盤ですが、
ガゼボの中にテーブルをおいてランチしました。

ガゼボにからまるポールズ・ヒマラヤン・ムスクは
まるで桜が満開のようで、今年はできなかったお花見をしている気分♪

母がお弁当を買って来てくれました。

去年だか、テレビで紹介された後しばらくは、
行列ができ、なかなか買うこともできなかったそうですが、
最近はやっと落ち着いてきたそうです。

冷凍ではない蟹がたっぷりとのっていて、
いくら、帆立、スモークサーモン・・・
男性にはボリュームがちょっと足りないかもしれませんが、
お手ごろ値段。
薔薇に囲まれて食べるとますます美味しかったです。

P1160643a 平行して、
紅茶の角食の試作も焼き上げました。

母に1本持っていってもらったのですが、
翌朝、さっそく電話がありました。

「本当に美味しかったのよ~~」
と、その感想を伝えたくて電話くれたみたいで、
延々と褒めてくれます。

「で、紅茶の風味はどうだった?」
と肝心なところを聞いてみると

「そういえば、あんまりしなかったわね~」だって。

・・・・・・・・ダメじゃん!!

まあ、前日に焼き上げた試作も、母にあげた試作も、
ずいぶん前に購入したTパックをお手軽に使用してしまっているので、
当然といえば、当然なんだけど。。

今日は、新鮮な茶葉をバーミックスでパウダー状にして配合してみました。
配合量も増やしたので、発酵生地は
ビニール袋にはいっているのに香りがただよっていますよ~。

焼き上がりが楽しみです^^



| コメント (2)

2009/07/01

後から酵母

P1150678a P1160478a
旭丘のパン屋さん、
「ル・コパン」。

紅茶の角食が大人気で、
前日までに予約しないと買えないんですよ。

先日予約をして購入しました。
うんうん、美味しい^^
・・・ということで、
次回のレッスンでは紅茶の角食をしたい~~と思いました。

また涼しくなってきたので、
試作開始。

朝10:00頃にこねあげて、外出して帰るころには
一次発酵もいい具合にすすんでいるはず。

P1160617aところが!
帰宅するとこねあげたままの、ちょっとダラーンとしただけの生地で
まったくふくらんでいません。

そんなにリッチな、重い配合だった?
いろいろ考えてみたんですが、
はっ!と、
酵母を入れ忘れていたことに気がつきましたdown

酵母の入れ忘れなんて初めて!
どうしよう、このままゴミとして廃棄しようか。。。

でもウン悪く、昨日から生ゴミ有料。
酵母種、ムダになっちゃうかもしれないけど、
ふくらんではいないけれど、みごとなグルテン膜ができている生地に
酵母をいれてみることに。

「後からリボ」ならぬ、「後から酵母」。
酵母を入れ込んで
だんだんまとまっていく生地。

なんだかいけそうな気がする~~
P1160631a_2 
ダメもとでやりましたが、
なーんだ、ちゃんとしたパンが焼きあがりました♪

みなさん、酵母を入れ忘れたことがあっても、
「後から酵母」やってみてくださいhappy01

| コメント (0)

プレ・バーゲン☆

Sa3e0142a 7月1日、今日からバーゲンですよね~

ですが、この記事昨日のお話です。

相変わらず2,3日分まとめてブログ更新することが多い私ですが~  ・・・わっ、バレバレ

月が変わっちゃうと前月に日にち指定できないんですよぉ。

ちなみに前記事の「レカンフラワー」も6月29日の記事にしたかったんですが。。happy02

これも昨日のお話です。
話の内容が日がずれちゃうとオカシイので、念のため。

用事があって大通り近辺までいき、
どうせここまできたんだから・・・とちょっとバーゲンの下見でもしようかな~
と寄ってみました。

まずは久しぶりのアフタヌーンティーで3:00のランチ。
雑貨のショッピングをしていたんですが、そーだ、ランチ時間!!!と思い、
手にした商品を慌てて戻してカフェに座りましたdash

しばらくブリなので、大好きなパスタを食べたかったんですが、
季節限定スペシャルメニュー・・・
パンのメニューはアイディアの宝庫なので、
教室のことを考えると、パスタなんか食べてちゃいけないんです!

・・・ので、「スパニッシュオムレツと夏野菜のコンビ」。
パスタ、食べたかった・・・笑

雑貨屋さんのセールは6月26日からスタートしているところが多いそうで、
7月1日にまた来ても、雰囲気にのまれ、余計な服を買ってしまいそう。

なので、プレバーゲンをちょっぴり楽しんで、
明日はおとなしくしていようと思います!

| コメント (0)

レカンフラワー

P1160548a P1160512a
花の命は短いので
レカンフラワーにしてみました♪

レカンフラワーとは
立体的な押し花みたいなものでしょうか。

普段目にするよりも、
ずっと細かいシリカゲルの中に、
お花を入れ込んで、電子レンジで数分チン。
急速に花の水分をとってしまう方法です。
P1160502
大きなお花には向きませんが、
薔薇も小さかったら大丈夫good

色も咲いていたときに結構近い色で完成します。

これを使って
いろいろとアートな作品を作れるのですが、
そんな技術も時間もないので、せいぜいポストカードくらい。。。

そういえば、去年はレッスンで、テーブルにレカンフラワーを飾りました♪

・・・ま、とりあえず、今年も綺麗な薔薇をレカンで保存できたということで、
ちょっぴり満足しています~

しかし、このレカンフラワーの作業をした後は、
細かなシリカゲルがどうしても床に落ちてしまっているので、
しばらくハダシの足にはうっとおしいのでした。。。

| コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »