« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の17件の投稿

2009/12/31

感謝をこめて。。

P1200036a_2 今年もあっという間の1年。

思い起こせば、ただ
その日、その日に精一杯で
がむしゃらに走っていたような気がします。

今年もたくさんの皆様に
レッスンにお越しいただきました。

レッスン終了後、
管理カードにお一人おひとり、受講日とメニューを手書きで記入しています。

「今年もこんなに来て下さっているんだ~」とか、
「もう、こんなに長く通ってくださっているんだ・・」とか、
「あれ?出産されたのいつだっけ?」(出産まぎわまできてくださって、出産後すぐご参加されていていつだかわからない!)
とか。。。

様々な思いが浮かんできます。感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様にこの気持ちをどのようにお伝えすればいいのでしょうか。P1200039a

いろいろ考えてみるものの、
やはり考えが到るのは

一つひとつのレシピに思いをこめ、
手抜きと妥協を許さず、美味しいと喜んでいただけるものを
お伝えする

ということ。

皆様には
たくさんの 優しい気持ち と 元気 をP1200163a
もらいました!

本当にありがとうございます。

どうぞ来年も皆様にとって素敵な1年でありますように。

願いをこめて。。         

ブラン

| コメント (0)

2009/12/30

キッチンリニューアル

P1200534aなんて大それたことでは
実はありません。

キッチンのお掃除をしていると、
止まらなくなってきました。

計画性はまったくないけれど、
やり始めたらトコトンやってしまうことがよくあるのは
B型だから?

P1200535a 白のホーローツールのコーナーを作ってみました。

白のキッチングッズは大好き♪

いつしか色々集まっています。

P1200626a
換気扇の下なので
あれこれ飾っても
油でギトギトになってしまって
お手入れ大変だったりするんですが、
やらずにはいられません。

P1200628a 窓の上のアイアンの棚は
はじめはこんな感じでしたが・・・・

気がつけば、夜中までかかって
こんなことになってました!
誰か止めて!!P1200629a


だから~

油でギトギトになるんだってば。

置けば置くほど
お手入れ大変だよ!
覚悟はできてるの?

・・・・と自分に言い聞かせている私です。

それにしても
年末の忙しい時に
しなくていーのに。。。

| コメント (0)

2009/12/29

黒豆対決

P1200170a やっと落ち着いて?
大掃除にとりかかっている私です。
あきらかに遅いっ!

さて、キッチンでは丹波の黒豆をコトコト煮ています。

いつもお正月は帰省しているので
おせち料理を作ったことなどほとんど記憶にありませんが、

黒豆とうま煮ははずせない・・
と、まずとりかかりました。

と、母から電話が。

「黒豆とうま煮あげるから取りにおいで~」

さすが、母娘。
P1200623a おせち料理で外せない物はまったく同じ。

奥が母作。鍋でコトコト長時間タイプ。

昔は薪ストーブがあって、その上にヤカンを常において乾燥対策をしていたり、長時間かけて煮物をしていたそうです。

なので今でも、黒豆は何時間も何時間も煮ています。
お醤油も少し入れ、ちょっと歯ごたえがあり、真っ黒。釘もいれてるのかな~
シワがあるのが好きなのでワザと一気に煮あげてシワをつけています。

私はガス代が気になるので 笑
圧力鍋でガーッと柔らかくして、あとは甘みを浸透させるために
火をつけたり消したりを繰り返してしあげていきます。

「あら~、柔らかいし、いい味してるじゃない」
と母から褒められました♪

そんなやり取りを見ていた娘が一言。

「何、黒豆対決してんの?」

ふふ、そのうちあなたとも対決するからね~!!

| コメント (0)

2009/12/27

クリスマスの後は・・

P1190804a クリスマスツリーのライトの点滅。

部屋の灯りを消してじーっと見ているのが好きですが、

25日の真夜中12時ピッタリにタイマーで切れるようにセッティングして
数分前から一人カウントダウン。

あ~、また来年までバイバイ・・とちょっぴり哀愁にひたります。

ところで、レッスンで焼き上げたパネトーネは
みなさん、もう食べちゃいましたよね?

2,3週間日持ちのするパネトーネですが、
なぜそんなに持つのかといいますと、

まず砂糖の配合が多いので、
浸透圧の作用で、雑菌やその他の菌が繁殖するための水分を奪ってしまうため。

さらに、長時間発酵をさせている場合は
有機物が生成される過程で雑菌の繁殖が阻害されるのです。
↑これは日本でのパネトーネのお話。

本場イタリアでは、生まれたての子牛が初乳を飲んだ後の腸内物質から取り出した菌を使用しています。
イタリアの空気など、様々な環境そのものがパネトーネ菌を成育させるために欠かせないものとなるデリケートな菌なので、イタリア以外の国、日本での発酵・熟成には職人の高度な技術と勘が必要となります。

なので日本で本場のパネトーネを焼き上げているベーカリーはほとんどないそうです。

一度本物のパネトーネも食べてみたいですね^^

P1200034a

クリスマスツリーやら、オーナメントなどの
装飾品の後片付けも大変。
さらに大掃除、年賀状書き(まだやってない!)
おせち料理・・・はどーするんだ・・・

12月はめまぐるしいですね~

みなさんもファイトですよ!!

| コメント (0)

2009/12/25

メリー☆クリスマス

P1190812a P1190813a
今日は25日。

みなさんはクリスマスパーティーは
昨日のイブにされたんでしょうか?

我が家は
私が連日の忙しさでちょっとグロッキー・・・
とても24日はムリだったので、25日のこれからクリスマスパーティーです♪

今年のクリスマスケーキは、
何処か美味しそうなのを購入してラクチンしちゃおうと、
たくさんのカタログをgetし、娘たちに選んでもらいました。

選ぶ基準・・・イチゴのデコレーションケーキは作れちゃうから止めて!
        家で作るのがムリっぽい凝ったケーキにして!
        予算はわかってるよね~~~!

P1190814a_4 P1190816a_3
ところが、どのカタログをみても値段はそこそこなんですが、
今年はケーキが小さい!15センチが主流。・・・かなり物足りない。。。
さらに、下の娘が白いケーキがいいと言います。
でも生クリームこってりは嫌い。ホワイトチョコのクリームがいいらしい。

ということで、私のケーキが食べたいという 熱烈なリクエストで
結局作ることに。毎年大変だけど、嬉しいことですよね。。

前日にスポンジを焼き上げ、
今日はホワイトチョコのムースと
フランボワーズのジュレ、イチゴをたっぷりとサンドして組み立てました♪

さらに生クリームをとろりと流して・・・P1190818a_2

イチゴをたっぷりと。

キュートなケーキができあがりました。

とろりと流した生クリームを淡いピンク色にしてもよかったかな。

P1190851a

ピンクやゴールドのアラザンと
ヒイラギリボンを飾ってフィニッシュ~

いただくときには粉糖で雪景色にしてみようかな。

ケーキがんばったので、
今年のチキンは丸ごとローストチキンではなく
レッグを買って来て焼きました。

それからなぜか手巻き寿司。←これもリクエスト。

フルーツとフライドポテト(これは外せないらしい)
結局やっぱり大変なクリスマスの準備でした。
特にチキンを焼き上げた後のオーブン!
油ギトギトですごい惨状。
後回しにするといつまでもチキンの匂いが部屋中充満なので
真夜中にゴシゴシしましたよ・・・

さて、明日は忘年会!

しばし家事を忘れて騒いできます。

  

| コメント (2)

2009/12/23

タオルのお忘れ物

P1190794 22日のレッスンで写真のハンドタオルの
お忘れ物ありましたsweat01

お心当たりのかたはメールくださいね。

洗濯をして次回までお預かりしておきますので
ご安心ください~

| コメント (0)

2009/12/22

ラストレッスン☆

P1190790a今日は今年最後のレッスンとなりました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

週末にはドカ雪が2回も降り、
かなりの積雪でしたが、なんとかお車も
希望者のみなさんが駐車することもでき、
ホッと一息^^

スモークサーモンをはさんだ
カスクートも大好評でしたscissors

お持ち帰りの生地も美味しく焼き上げてくださいね。
もう、一次発酵は終了しましたか?
Iさん、大丈夫ですか?
パニックになってないでしょうか。Hさんも初めての天然酵母で
戸惑うかもしれませんが、
いい感じに焼きあがること祈っています♪
いつでもご質問くださいね。
そして、余裕がでましたら、ぜひ、酵母のパーセンテージをおとして
挑戦してみてくださいね。

P1190791a クリスマスレッスンということで
ご紹介していた
クリスマスフルーツアイスティ☆

最終日はセパレートにしてみました。

お砂糖の量を20gにして
オンザロックティーを作ってみてください。
あわせるジュースの糖度にもよりますが、
比重の関係でキレイにセパレートになりますよ。

先にフルーツをいれ、次にジュース、そして、ロックアイス。
オンザロックティは氷やフルーツにぶつけるようにして、衝撃を弱めて
そろそろと静かに注いでいくとうまくいきやすいです。

やっぱりみなさん、セパレートティーがお好きですね。
見た目が華やかになるからでしょうか~。
クリスマスパーティーにぜひ♪

楽しい時間をありがとうございました。

皆様、素敵なクリスマス☆をお過ごしくださいねxmas

| コメント (0)

2009/12/18

レッスン

P1190783a クリスマスレッスン☆にお越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

今日も特別寒い1日でしたが、
どうやら西区は中央区よりも体感温度が低いらしいです。

雪も多いとか・・・。
でも今年はまだ雪かきしていませんよ~~

雪かきをしなくていい生活ってこんなにラクチンなんだ~
と実感していますが、
明日はドカ雪が、ついにやってきそうですねbearing

P1190786a まだ、大掃除など一切できていない私ですが、
「大掃除はちゃくちゃくと進んでいるんですか?」
と聞くと、
「ぜんぜんです~」とか
「今年はできません!やりません!」

って答えがほとんどで、
すっかり安心している私でした 笑

忙しい中、ご参加くださったみなさん、
クリスマス気分は味わっていただけましたか?

家族でのホントのクリスマスディナーは
忙しいばっかりで、何時間かけて作っても
食べるのは15分。
キャンドルは娘たちが危ないのでご法度。
嫌がるのでテーブルクロスもなかったりです。
クリスマスソングがかかっているわけではなく
お笑い番組みてたりするので雰囲気ゼロ。

なので、私もレッスンで、
「大人の女性だけのクリスマスパーティ」として
思いっきりクリスマス気分を味わっているんですよ^^

クリスマスまで1週間きったんですね。
素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

| コメント (4)

2009/12/16

レッスン

レッスンにご参加くださいました皆様、ありがとうございました^^P1190648a

レッスンを重ねるごとに
やっていること自体は変わらなくても
要領がよくなるのか、
どんどん試食時間が早くなるのが
いつものことです。

今日は気がつけば
試食が2:00。

あれ~?

順調に進んでいるとさえ思っていたレッスンですが、
なぜなんでしょう?
毎回20分ずつ、時間が遅くなっているような・・・

みなさん、お腹スキスキでしたよね。
ゴメンなさいsweat01P1190594a

焼きたて、熱々のカスクート用のパンに
ナイフでカットをいれ、
ウチワでパタパタ仰いで
具をサンドしてもらっています。

先にこちらのパンを焼き上げて
冷ましておけばよいのでしょうが、
パネトーネの作業を先にやってしまわないと、
今度はお帰りまでにパネトーネが焼きあがっていない可能性があったりして
それも難しいのです。

本来は、
荒熱がとれた冷めたてのパンをサンドイッチにして
食べてくださいね。

リーンな生地のパンなので、
フランスパンと同じように4時間くらいがそのまま美味しくいただけると思います。

翌日などにはちょっと厚めにスライスして軽くトースト。
美味しさがよみがえりますよ♪

油脂がはいっているので
気泡はあまりできませんが
今後のためにフランスパン成形、練習してみてくださいね。

さて、P1190655a
今回ご紹介しているクリスマスアイスティ☆
いつもはオレンジジュースを使っていますが
今日はこちら☆

ミックスフルーツジュースです。
こちらも美味しかった^^v

onpuさん、差し入れありがとうございました。

ひょっとして、
今日の運勢最悪?のコタロちゃん、
無事に家に帰れましたか?
ダンナ様に怒られませんように。。。。

| コメント (4)

2009/12/14

適当に・・・?

P1190587a 今日も寒い1日でしたね。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

試食用に焼き上げたパネトーネも
そろそろ1週間がたち、
食べる前にちょっぴり温めることにしました。

イタリアの人たちは
きっとカットしてそのまま食べるのがあたりまえで、
それが最高に美味しいと感じていると思うのですが、
やはり、日本人にはなじまない食べ方のような気がします。

しっとり、もっちりが大好きな日本人には
どうしてもパサパサ感が気になってしまうようです。P1190585a

軽くトーストすることによって、しっとり感がよみがえり、
やっぱりこっちのほうが美味しい~~と感じてしまいました。

食べ方は自由なので
自分の好きな食べ方を見つけてくださいね☆

さて、
レッスンでは様々なメニューをつけあわせています。
サラダ、スープ、お肉料理etc・・・
レッスンによって、パンにあわせて設定していますが、
レシピ教えてくださ~い
と、嬉しいことによく言われます。

もちろん喜んでお伝えしているのですが、
なにしろお料理に関しては
いつも計量して調味料を加えているわけではなく、
目分量で入れ、後は味を見ながら微調整という調理法なので、
正確な数字をお伝えすることができず・・・

いつも真剣にパンの発酵温度とか時間を細かく記入しているRKさん、
まじまじと私の目を見つめ
「ワインと粒マスタードを、適当に。ですね。」
と言われた時には
なんだか自分が恥ずかしくなってしまいました~~~sweat01

そうです、合言葉は「適当に・・・」です。

あ、パンに関しては適当に・・・なんて言葉使いませんよ~~
使ってませんよね?
・・・・・・自信なくなってきた。笑

P1190590a

ちょっぴり
大変な思いをして焼き上げたパネトーネ。

愛しさもひとしおだと思いますが^^

美味しく食べてあげてくださいね♪

| コメント (10)

2009/12/11

レッスン

P1190506a レッスンにお越しくださいました皆様、
お疲れ様でした。

パネトーネ、
やはり予想していたとおり、
かなり悪戦苦闘していましたね。

シュトーレンも似たような工程ですが、
大きく違うところは、
パネトーネは、膨らませなくてはいけない・・・ということです。

膨らませるためには
たくさんこねなくてはいけないのですが、
卵、バターとたっぷり入ったデロデロ生地なのですこし苦労します。

シュトーレン作りよりも苦労するな・・っていうのが正直なところです。

それでも、なんとかまとめてパネトーネカップに。
発酵バターを使用しているので、
こねている時からいい香りが部屋中ただよっていました。P1190502a

お待ちかねの試食タイム。
ワンプレートにはシュトーレン2種、パネトーネ、
カスクート、サラダとチキンソテー。

かなりのボリュームみたいで
おなかいっぱいになられたみたいです。

P1190513a
焼きあがったパネトーネ。
まだまだ熱くて
ラッピングはできず、
ラッピンググッズはお持ち帰りいただき
おうちでしていただくことになりました。

キレイにラッピングできましたか?

そういえば、お持ち帰りいただいた赤いリボンは英字がはいっているので、
裏表だけじゃなく、上下もきちんとなるように結ばなくてはいけないのですが・・・・
そこまでお伝えすることができませんでした。
ゴメンなさいsweat01

一度覚えると
とっても便利で、たま~にお店のラッピングのリボン結びがヘタッピだと
直してあげたくなっちゃう衝動にかられますよ~ 笑

次回にでもお伝えできますので
聞いてくださいね。

ちよさん、
時間おしてしまってごめんなさい。
間に合いましたか?
二日酔いのなか、ありがとうございました。

| コメント (0)

2009/12/10

準備準備・・・

P1190358a 明日から
いよいよクリスマスレッスン☆がスタートします。

今日も準備にワタワタ・・・
初日の準備は特別大忙しです。

お持ち帰り用の粉糖をラッピングしたり、
パネトーネのラッピング用のリボンをカットしたり。。。
ラッピング関係の準備は時間がかかりますが、けっこうワクワク楽しいです。

リボンや、シールはお好みのものを選んで
素敵にラッピングしていってくださいね^^

P1190361a いつもはTVの情報番組やらを
BGMにしている私ですが、
今は・・・
これ!!

今回もとってもよいです~~^^v

わっ!
もうこんな時間sweat01
準備の続きにもどります~~~~dash

| コメント (0)

2009/12/09

カスクート

P1180626a もうすぐスタートするクリスマスレッスンでは
パネトーネの他にカスクートを作っていきます。

カスクートとはカスクルートとも言いますが、
パンの名前ではなく、
フランス語で軽い食事といった意味で、
サンドイッチなどの軽食をさします。

P1180826aフランスパンやチャバッタなどで作られることも多いですが、
今回はより作りやすくライ麦粉をほんのちょっぴり配合したパンを焼き上げて
カスクートにしていきたいと思っています。

最近流行りのマスキングテープ。
クリスマスバージョン柄で気分も盛り上げていきたいと思います♪

P1190184a
11月のレッスンが終ってから
あまり間がなく12月のレッスンを設定してしまったので
毎日準備でバタバタとしています。

・・・ので、例年ではありえないのですが
まだクリスマスツリーを飾っていませんxmas

これからクローゼットの奥からひっぱりだそうと思っていますdash

レッスンのテーブルセッティングも今日やっとっ決まりました。
これが決まらないと落ち着かないし、準備が終った気など
120%しません。

画像は懐かしい「チャーリーとチョコレート工場」のWonkaチョコレートです。

P1190199 中はこんな感じ。
Wonkaハットの形をしていて、中にはキャラメルソースと
クリスプライスが入っていてパンチのある甘さ。
美味しいです^^

姪っ子たちのクリスマスプレゼントに忍ばせようとおもってます。

でもチビちゃんたちには虫歯も心配でしょうから~~
こっち!P1190185a

クリスマスバージョンの金太郎飴がつながった
ネックレス☆

サンタさんの顔、微妙です・・・

他に真っ赤なマントをつけたウサちゃんのぬいぐるみ。
可愛くって、思わず娘とプレゼントショッピングをしてしまいました。

姪っ子たちへのプレゼントを選ぶのはとっても楽しい♪

P1190189a
P1190191a_2 カードもフェルトでできていて、
飾っておけるタイプ^^

みんなでカキカキして
一緒に送るからね~~

楽しみにしてて。

| コメント (0)

2009/12/07

パーネ・ディ・トーニ

P1180769  P1180760a_2
久しぶりに「ココペライ」さんへ。

今日のターゲットは
クリスマスパン☆

ありました~^^
シュトーレン、オレンジクグロフ、
人形パン。モーンシュトーレンもありました。

そして購入したのはパネトーネと
シナモン、ジンジャー、ハチミツがたっぷりと入っているパン・デピス。

P1180834a_2 パネトーネは2~3週間、
パン・デピスは1ヶ月の日持ちがするそうです。
P1180840a
パネ・トーネ  イタリアのミラノが発祥のようですが、
・・・トーネとは大きいという意味で
大きなパンという意味であったり、

パーネディトーニが語源とも言われています。

トーニ・・・アントーニオの愛称なので
アントーニオのためのパンですね。

昔、裕福な家柄の青年アントーニオがパン屋の娘に恋をして、
結婚を認めさせるために、パン屋に当時は高価だった
ブリオッシュ生地の材料を与えてパンを作らせ財を作らせたというお話です。

そうです、パネトーネとはブリオッシュ生地にフルーツをいれたパンと思ってくださいね。
仲間なんですよ。

そしてブリオッシュのように卵の多い生地は
2,3日おいてからあたためずに食べるとよいそうです。

P1180909a

さて、
こちらは私が焼き上げたパネトーネ。

前回の配合をほんのちょっぴりだけ改良し
焼き上げました。

全体の配合の変化はほどんどないのですが、
大きく変えたのは中種の配合です。
P1190036a_2

プロの講習会では
家庭で作っちゃいけないパンとして、
バターロール、ブリオッシュなどと良く言われます。
とにかくこね倒し、ここぞっ!というところで終了。
その、ここぞっ!という範囲がかなり狭いそうです。
なのでプロにとってもかなり難しく、怖くて長くまわせないそうです。

さらに、中種はミキサーがなくちゃ無理sweat01って言われていましたが、
今回身にしみてわかりました。
中種にも副材料をかなり投入したところ
手じゃ無理!
機械の中で、はてしなくドロドロとまわっている生地。
「いや、いや、いやいや・・・」「無理、ムリ、ムリ、ムリムリ・・・」マッチャン風
さすがに、どうしよう~これ。。。って戸惑いました。

その後も生地を移動させるたびに
デロデロと手やら器材にべっとりとまとわりつき
結局かなりの量が減ってしまっている感じ~~~

みなさん、ご安心ください。
手ごねでできる配合の中種にしますので!

いくら家庭で作っちゃいけないパン
と言われても、作りたいですよね^^v

| コメント (0)

2009/12/04

パスタ♪

Sa3e0172 先日、お見舞いで大通りまででました。

久しぶりなので、ちょっと早めにでて、
ATでおひとりさまランチをしてきました♪

大好きなパスタを食べたのも久しぶり。

ちょっと感激しながら食べてたりして。。

P1180544a P1180759a


雑貨屋さんをのぞく至福の時間~

クリスマスバージョンになっていて、
やっぱりキャンドル関係を買ってしまいました。

クリスマスレッスンのテーブルはどんな感じにしようかな♪
ワクワクしてきます。

キャトルセゾンでかわいいキャンバスバッグもゲット。

ワクワクと雑貨をみていたら、
miyabiさんとコタロちゃん発見!

すぐ近くでパスタ食べてたんだってrestaurant
びっくり、同じ時間に違う場所でパスタ食べてたんだ~~~

短い時間でマシンガントークをして

今度はご一緒しましょーね~と別れました。

年賀状を書く時期になってきましたね。

レッスンにご参加くださっている皆様には、
年賀状のお心使いありませんように。。。

| コメント (2)

2009/12/02

シュトーレン☆

P1180429b P1180430a
エグヴィブさんから
シュトーレン届きました♪

頼まれ物もふくめて
合計3個の注文でしたが、
届いたのはとっても大きい箱!

真ん中に置いたタイマーで大きさわかりますか?

ラッピングも素敵だよ~と聞いていたのですが、
ひとつひとつ、どれだけの労力と時間をかけているのでしょう。。。

私もラッピングは大好きなので、
想像以上の時間がかかるっていうことがよくわかるんです。

まるで我が子を旅立たせるかのような
愛情のこもったラッピング。P1180444a

一切れ一切れ、
大切にいただきますね・・・と伝えたくなります。

でてきたシュトーレン。
娘たちが「黒っ!!」と声をそろえて言いました。

そう、真っ白なシュトーレンが多い中、
まるで岩のようないでたちのシュトーレン。

でも、とっても美味しいのは
去年味見をさせてもらっているので知っています^^

バターと洋酒の香りを濃縮させて
ギュッと詰め込んだようなシュトーレンです☆ホント、オイシイlovelyP1180453a

左下の真っ白なのは
お恥ずかしながら
私の焼いたシュトーレンです。

焼時間が甘くて
白いわけではありませんが、
今回実際、焼成温度をうっかり10度低く焼いてしまいました~~

あ~がっかり。
バター生地はしっかり焼いてこそ香りがよくなるんですがcrying
少しでも香りがよくなるように熟成に期待します。。

| コメント (4)

クリスマスレッスン☆

P1180405a クリスマスレッスンにたくさんのお申し込みをいただきまして
ありがとうございます。

お申し込みいただきました皆様には
先ほど返信メールをさせていただきました。

もしも届いていない場合はご連絡くださいね。

| コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »