« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の5件の投稿

2012/03/30

すっかりと・・・

P1300243_2ご無沙汰してしまいました。
元気にしています、ご安心ください(^-^;

レッスンが終了してから、娘たちが春休みに入り、
なんだかどこへも出かけられずに、
御三どんの日々・・・・

いえ、手抜きばかりしているのですが
それでも自由度は違いますね。

娘達がスコーンを食べたがるので、
メープルシュガーがあるかぎり、焼き続けています。P1300255


たま~に外食。

娘達の塾の送迎の途中、
道すがらにあるお店なのですが、
とっても気になっていて、
行ってきました。P1300038

「オニオンチョッパーズ」さん。

アメリカンなかわいらしいお店のつくりで、
なかなか気に入ってしまいました^^v

娘達はグラタン。
私はパスタ♪

娘達も気に入ったようです。P1290923_2

P1290920サラダのドレッシングも人気のようで
販売されていました。

地下鉄駅からすぐなので
近くのかたはぜひ行ってみてくださいね~。

テニスだけは
時間もできたし、

頑張って行っていたのですが、
まさかのテニス肘~~。

やりすぎるとすぐこれだ。。。
P1290852なのでテニスもしばらくお休み。
しくしく、切ない私です。

←笑っていいでつ。

ひょっとして
試打もしないでぽちってしまった
錦織ラケットがあわなかったかな~・・・・
どよ~~~ん(-_-|||)

次回のレッスンですが、
4月中旬すぎから、GWをはさんで5月の中旬あたりまでで
設定しようと思っています。

カリキュラムは試案中ですが、
過去メニューから
ピクニックなどで活躍できるメニューにしたいと思っています♪

近いうちに詳細アップしますので
よろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2012/03/23

スコーンとブリトー

P1300254レッスンでした♪

今日もスコーンはぱっくりと美味しそうに立ち上がってくれました。

たっぷりのミルクティーと一緒にいただきま~す。

トルティーヤ生地を
完璧な四角にのばしてくれたP1300246

ガチャピンさん。

ぜひ一緒に画像にとりたいと置いてもらったのは
ガチャピンカバーのスマフォなのですが、
ガチャピンのほうが存在感大きいですww

P1300250トルティーヤは
美味しいパスタソースと
モッツァレラのシュレッドチーズ、
キュウリとみず菜のグリーンで
美味しいブリトーに変身です。

あたためて、
とろとろチーズの状態でいただいてもらっています。

ボリュームもたっぷりですね♪

P1300248
私も一緒に
スコーンで至福の時間を
過ごしております^^

皆様、ご参加くださいましてありがとうございました。

はじめてご参加くださいました
ヒサコさん、
はじめてのホシノでとまどうこともあるかと思いますが、
お持ちかえり生地、まずはおいしく焼けますように。。。

| コメント (4)

2012/03/13

テーブルのタイトル??

P1300230
本日もレッスンにお越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

初めてご参加くださいました
Megubinさん、ありがとうございました^^

初めてのホシノが
トルティーヤの生地のお持ち帰りということで
気負うことなく焼き上げられると思います♪

さてさて今日も、楽しいおしゃべりがいっぱいで、P1300227
試食の時など、
お腹がよじれそうだったわけですが、
ああいうのを「ゾーンに入る」とか
「つぼに入る」と言うのでしょうか。
笑いましたね~

さて、
試食のテーブルもととのい、
みんなでデジカメ撮影をしまくっているときに、
「このテーブルのタイトルは?」って
いきなり質問が!

その時は
頭真っ白でいいのが思い浮かばなかったんですけど、
「クリームティーへようこそ♪」
なんてどうでしょうかねsmile

クリームティとは
クリームの入った紅茶のことを言うのではなく、P1300228

スコーンとミルクティーのセットのことを
「クリームティ」と呼びます。

それからP1300231
春らしいテーブルを意識してみました^^

そうだ、なので
「春のクリームティへようこそ♪」に決定ですww

| コメント (2)

2012/03/09

スコーンを楽しむ♪

P1300223
レッスンにお越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

今日も
楽しくワイワイとレッスンが進みました^^

同じ話題で盛り上がれるって少人数制ならではですよね。

いえいえ、動かしているのはお口だけでは
ありません。

ちゃんと手だってせっせと動かしていますwP1300217

スコーンは
フードプロセッサーを使用すると
あっという間にできてしまいますね。

ですが、もちろんカードを使って地道に作っても、
美味しく焼き上がりますので、
オッカーさん、頑張ってみてくださいね♪

スコーンにはメープルシュガーを使用しています。

私が以前からずっと使用しているのはこちらの商品です。

P1300207

お砂糖にしてはかなり高い商品ですcoldsweats01

ですが、繊細なこの風味は、なぜだかこれじゃなきゃ出せないような気がして
浮気できません。

こちらは、
レッスン時にご希望者には小分けしておりますので
言ってくださいね。

さらに
スコーンといえば、



クロテッドクリームとコンフィチュール☆P1300209

クロテッドクリームは
レッスンでいい忘れましたが

北8西23の「チーズ・オンザテーブル」で
購入しましたよ^^v

ブランデーとレモンの2種です。

そして、
コンフィチュールは普段用には絶対買えないw ミオジャム。

P1300211_3世界のジャムコンテストに出品される度に優勝し、4年も連続して
金メダルを獲得している、キング・オブ・ジャム(ジャムの王様)
とも言われている世界が認めるジャムです。

以下説明~・・・

 ミオ氏が作るミオジャムは、人工的な保存料・着色料などは、
一切使用されていません。ジャムを固めるペクチンさえも、りんごから
採った天然成分なのです。ジャムというより、トロリと濃厚である
フルーツソースのよう。 ほんのり利いたさわやかな酸味、まるで
取れたての果物みたいなフレッシュな香りが、世界中のお客様を
トリコにしています。

 甘みは、果物の甘さで仕上げたローシュガージャムとサトウキビの
糖分使用した2種類があります。通常の砂糖は、使用していません。

☆長年の夢をかけて開発!

 著名なフランス料理シェフである、フランシス・ミオ氏が、長年の
夢を賭けて開発した「ミオジャム」は、フランス国内でもめったに
手に入れられない"幻の味"。 モナコのホテルリッツなど、超一流の
レストランやホテルで愛用されるこの"ミオ・ジャム"。

 元フランス首相ロワール夫妻は、年に数回行われるバザールで、
ミオジャムを手に入れる為に朝早くから行列の先頭にたって並ぶほど
の大ファンなのです

・・・とのこと。
以前、ヴィロン渋谷店の朝食セットで
このジャムが瓶ごと数種類トレイにのってつけ放題状態でした。



あまりにパンに感動してP1300222
あまりジャムのこと覚えてなかったんですが・・・。

・・・ということで、
スコーンのレッスンで、
私も至福の時間を過ごさせていただいておりますshine

| コメント (0)

2012/03/03

ひな祭りケーキとスープカレー

P1300173そういえば
ひな祭りが土曜日。

土日にあたるなんて
結構貴重ですよね。

実は2月下旬の私の誕生日、
娘のテスト期間にばっちりと重なっていたので
いたって普通に過ごしていました。

なので、今日は私の誕生日もかねているので、
家事は放棄。
(あんた、いっつも自由でしょっ!って家族からつっこみがきていますが・・)

ということで、
午前中にまず1回目のテニススクールへ。

その後、レッスンの買い出し等をして、
慌てて家にトンボ返りして
ひな祭りのケーキを仕上げました。

スポンジは昨夜焼き上げていましたからね。

ホントはたまには
抹茶を使ったケーキにしようかな。
と思っていたのですが、
抹茶ケーキってフルーツと合わせられない。

とりあえずひな祭りというイベントなので
華やかにしたくてフルーツたっぷりケーキにしました。

クリームは娘の好きなヨーグルト風味。
生クリーム苦手家族なので
ぎりっぎりの使用量っていうのは毎度のことですcoldsweats01

P1300184


それから慌てて5時から2回目のスクールへ。

終了は6:30。
普通は参加できない時間帯ですが、
今日はお祝い^^
スープカレーのお店に行ってきました。

教えてもらっていた「CHUTTA!」です。

ひな祭りというのにスープカレー。
なぜか店内混んでいましたよ^^P1300180

そういえば家族4人でスープカレーのお店、初めてだったかも。

まずはラッシーで乾杯☆

私は実は過去のハバネロ事件のトラウマから
すっかり辛いものはダメな体質となり、
レベル1ですが、何か?ww

トッピングのごぼう揚げ。
P1300183


想像していたものとかなり違ってうけたw
デカイ。P1300182P1300193_2


店内はこんな感じ。

またきてもいいな♪

美味しかったよ^^

帰宅して
さっそくひな祭りケーキ♪

P1300197
・・・のつもりで作ったのですが、
娘達がろうそくたててくれました☆

やっぱり嬉しいね~♪

| コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »