« お知らせ | トップページ | パネトーネはしっとりが好き?! »

2012/12/15

レッスン

P1030647b 思いのほか、
発酵に時間のかかってる
パネトーネ。

発酵は、
とにかく時間をかけて、待つだけでいいので
時間さえあれば
気長に待っていればよいだけです。

シュトーレン以上に大変だな・・・と
感じるのは
その生地のデロデロ状態です。

発酵の長さを短縮するために
たとえば小さなマフィン型で焼き上げるのも方法のひとつかもしれませんが、
(そういえば、私が過去にホシノのパネトーネを習った時も、マフィン型だったことあります)

いや、待てよ・・・
あの生地を分割することを考えたら、ちょっとぞっとするので
やっぱり待ちます・・・とおっしゃる方も・・・w

P1030637b そして、
こちらはチャバッタ。

チャバッタも
別の意味で、
でろでろの生地です。

今回は、かなり高度な?!、デロデロ生地との格闘レッスンです。

いえいえ、チャバッタは、
格闘してはいけないのです。

いかに無駄にさわらず、P1030648b
大きな気泡を消さずに焼き上げることができるか
が、勝負なのです。

いい感じに焼き上がっています。

気泡もぼこぼこです^^v

P1030643b 焼き立てをカットして、
オリーブオイルをぬって、
水菜、生ハム、カマンベールチーズを挟んでいます。

クリスマス気分いっぱいの
テーブル☆P1030646b_2

ドリンクも
フルーツたっぷり、
とっても贅沢なんですよ♪

クリスマスレッスンでしか
使用していない
ル・クルーゼのココットも
いい雰囲気をだしていますね~。

かといって、
家族のクリスマスはこうもいかないのが
本当のところです 汗

« お知らせ | トップページ | パネトーネはしっとりが好き?! »

コメント

ブラン先生、いつものように素敵なレッスンありがとうございました。
ものすごく久しぶりのレッスン(パン生地にさわるのも久しぶりcoldsweats01)でしたが、やっぱりパン生地って幸せ気分になりますね~
普段もっとパン焼こう!とあらためて思いましたconfident
ル・クルーゼのココットでのチキンもとっても美味しかったです。
なぜあんなに柔らかく出来あがるのでしょうかsign02
コツを伺うの忘れちゃいましたhappy02

チャパダは土曜日焼きあげ、レッスンと同じ具材を調達し、サンドにして朝食となりました。再び美味しい~heart04

今年もありがとうございました。
また来年、レッスンに参加させていただくこと楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。

投稿: onpu | 2012/12/16 15:48

onpuさん、
本当にお久しぶりでしたね~♪
ご参加いただきましてありがとうございました。

チキン、柔らかかったですか?!
特別、コツなどないのですが・・・
みなさんと一緒にテーブルを囲むと
なんだか一段美味しさがレベルアップするような気がします^^

チャバタサンド、
シンプルな具材ですけれど、
簡単ですし、
美味しいですよね~♪
他にも美味しいサンドにしたら
教えてくださいね。

クリスマス、大掃除、年賀はがき作成・・・
など多忙な12月ですが、
ラストスパートでがんばりましょう☆

よい年をおむかえくださいねfuji

投稿: ブランチ | 2012/12/17 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お知らせ | トップページ | パネトーネはしっとりが好き?! »