« クリスマスツリー☆ | トップページ | クリスマスのテーブル☆ »

2012/12/06

菓子パン用かむばーっく

P1030568b_2

レッスン時に試食するためのパネトーネ、
焼きがりました♪

当日は、
発酵にかなりの時間を必要とするので、
あらかじめ焼いています。

涼しい場所に保管していれば
1か月近く持つパネトーネです^^v

でも
実は一度失敗しています。

卵黄を配合しているのですが、
前日に仕込む中種の状態を見ながら
入れる量をきめ、
残りは本ごねにまわすという方法。P1030570b

実は前回レッスンした2009年以来、
久しぶりに仕込んだということと、
その時のレシピが手書きで卵黄の配合方法を
追記していることなど、
きちんとレシピを整理していなかったことがそもそもいけなかったのです。

レシピを作った本人が「うっかり」をやってしまうのですから、
ここは、しっかりと間違いのないように
キチンと数字に変えましたので、
みなさま、ご安心ください。

パネトーネは
イタリアのクリスマスをお祝いする発酵菓子ですが、

プロに言わせると、
家庭で作ってはいけないパンとのことです。

たとえば、
賞味期限が4,5日といった、
配合の場合は
もちろん、家庭でも大丈夫でしょう。

ですが、
リッチな配合になればなるほど、
ミキサーがなくては不可能となってきますし、
実際、ミキサーを使用したとしても
あまりのデロデロ生地に
気持ちも萎えます。。。

今回、失敗も含め
10個焼き上げましたが
もう、絶対パネトーネなんか焼くもんかっ!

的な気持ちになっております 笑
前回のレッスンの時もそう思ってました。

P1030578b でも!!
美味しいんですっ☆

大丈夫、
レッスンはしっかりやり遂げますので(こねるのはみなさんですしw)
安心してくださいね(*^ー゜)v

ところで、
今回、
2009年と若干焼き上がりの高さがありません。

なにが違うのかというと、
使用している酵母です。

以前はホシノー酵母に菓子パン用というのがあり、
主に、シュトーレンやパネトーネなどのリッチな配合にも耐えられるような
酵母があったのですが、
製造元に問い合わせてみると
2,3年前に製造を中止したそうです。

えっ!ショック。
でも、確かに私も
シュトーレンでさえ使っていなかったので、
あまり収益がでなかったのかな・・・。

酵母の量を増やすことや、じっくりとホイロの時間をとることで対応していますが、
それでも思った高さはでませんでした。

もう少し高さを出したい場合は
生地重量をもう少し多くとる、もしくは1サイズ小さいカップで焼き上げる・・・
などでしょうか。
本コネにイーストをほんのわずかでも配合すれば
難なく解決なのでしょうが、
それは、なんだか負けた気がして(なにに?)
やりたくありません。

ということで、
レッスン当日は、お帰りの時間もありますし、
もう少し酵母を増やしてみますね^^

 

« クリスマスツリー☆ | トップページ | クリスマスのテーブル☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリスマスツリー☆ | トップページ | クリスマスのテーブル☆ »