« 先生たちの茶話会♪ | トップページ | チャバッタその後 »

2012/12/02

ホシノにこだわる理由。

P1030494b 最近では
自家製酵母の教室も増えてきて、
自分で酵母をおこし、パンを焼いていらっしゃるかたも
多いとおもいます。

私の教室でも、
自家製酵母はやらないのですか?
と聞かれることもしばしばあります。

が、
私はホシノ酵母のみで、
これからも教室をしていこうと思っています。

理由は、
あれこれ手をだしてしまえるほど
冷蔵庫は大きくないし、
パンを焼く以外にもたくさんやりたいことがあり、
酵母のお世話をしたり、ダメにしてしまわないようにと
パンを焼くのに追われる生活は
無理だからです。

趣味程度に
自家製酵母を育てていたことももちろんありますが
ホシノと自家製酵母、
二足のわらじは私にはきつかった~。

教室をすっぱりと辞めてしまった時には
また、自家製酵母を育て、
いろいろ楽しんでいるかもしれません。

また、プロの講習会にいきはじめて
わかったこと。

プロの設備と、知識、時間がなくては
とうてい美味しいパンを焼くことは無理なのです。
家事の片手間にできることではありません。

ボンガード社の何トンだかしりませんがw
そんなオーブンを設置できることが個人レベルでは無理です。

お値段は・・・何千万クラスなのでしょうか?(輸送費もはいりますよね?)


そこまでこだわらなくても
業務用のオーブンを入れることは不可能です。

パン屋さんでは当然、ミキサーはパンの種類によって変えています。
長年培った経験と勘で
生地を見極め、仕上げていく力が、
一般人の私たちにあるわけもありません。

プロの施設と、経験、知識、勘、時間
ないないづくしで
それでも家庭で美味しいパンを焼きたいな・・・と追及してきて
すっぽりはまったのが、私にはホシノでした。

著名なパン屋さんで
ホシノでパンを焼いていますなんてお店はないです。
生イースト、サフ、ルヴァン、酒種etc・・・
いろんなものを使っています。

家庭でサフを使用する場合、これはドライイーストですが(セミドライもありますが)
ストレート法が多いのではないでしょうか?
もちろん、それも粉の風味を引き出す美味しい焼き方のひとつではあるのですが
プロは発酵種、中種、,ポーリッシュ種、サワー種、酒種など、いろんな方法を、
作り上げるパンよってかえ、
あらゆる追及をしたパンを作っているのです。

なので、
プロが作るイーストのパンは
家庭で作るイーストのパンとは全然違うと私は思っています。
本当に美味しいのです。

家庭で焼くパンでは
イーストは美味しくないから、
白神、ホシノ、自家製・・・って流れになっているのだと思うのですが。
最近ではとかち野酵母もありますね。他にもスターターはいろいろありますが。

ホシノは
比較的簡単に管理でき、
たいした知識がなかったとしても
そこそこ美味しいパンが焼きあがります。
と、私は感じています。

どんなに美味しいと評判のパン屋さんのパンでも
お取り寄せしてしまうと、ライ麦系のパンくらいでしょうか、
美味しいと感じるのは・・・
ハード系は美味しさの持続はしそうですが
自宅についた時点で、焼き上げて2,3日は経過しているはず。
パンは生ものなのです。

冷凍便なら?・・・♪
送料高そう・・・

さらに、
一度に大量に届きますし、すでに2,3日経過して劣化したパンを
カットして冷凍して・・・
う~~~ん・・・
いろいろ考えると、
そこまでして取り寄せる気にはなりません。

ところが、自分で焼くパンの
焼き立て、冷めたてのパンの美味しさったら。。。♪
もちろん、2,3日は十分美味しくいただけるパンです。
冷めたてを冷凍できるので、美味しいままです。
そういったレベルのパンを家庭で焼けるのです。

しかも、ホシノは
ハード系、ソフト系、どちらも万能。

これが私がホシノを使用している理由です。

プロの講習会にいきますと、
当然、ホシノなど使用していません。

なので
レシピと膨大な情報を持ち帰り、
家庭用に、ホシノで美味しいパンが作れるように落とし込むのが
私の役目だと思っています。

そこには、過去に受けた講習会の膨大なレシピや情報や、
教科書となるべき本がたくさんあり・・・
試作しているときの我が家のリビングキッチンは
ファイルやら本が散乱していて
それはとっちらかっておりますがww

P1030495b←これは・・・

さすがに開くと眠くなります。
睡眠導入剤・・・w

ということで、
只今我が家のリビングは
チャバッタの試作で
めちゃくちゃ、とっちらかっておりますw

« 先生たちの茶話会♪ | トップページ | チャバッタその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先生たちの茶話会♪ | トップページ | チャバッタその後 »