« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の5件の投稿

2013/02/27

ギャニオン

P1040385b 以前からずーっと気になっていて、行かなくちゃ!
と思っていたお店「GAGNON」ギャニオンさんへ行ってきました。

カフェ巡り好きの友人も一緒です。
私にはご近所なのだけど、
彼女は遠くまで足をのばしてくれました。

ありがと~♪

こちらのお店はメープルシロップが有名で、
いろんなプロのかたたちから信頼されています。

  店内にはP1040391bP1040393b
ずらっとメープル商品が陳列されていて、
どれもこれもレッスンで使いたい~~!って思うものばかり♪

でもまずは・・・
お腹を満たさなくちゃ^^

お店で人気NO1という
P1040402b カナダのローカルフード「プティーン」をいただきました。

アツアツのグレービーソースととろけるチーズ、
その下にはホクホクのフライドポテトがたっぷりで、
とってもボリューミーな1品でした^^v

深めのワンプレートでお野菜もそえられていて、
スープもついています。

食後にはメープルジンジャーというドリンクを。P1040407b

優しい甘さとジンジャーでぽかぽか。
一気に飲み干してしまいました。

友人には
マカロンを焼き上げて、
プレゼント♪
サロン・ド・ショコラに毎年足をはこび
美味しいチョコを食べまくっている彼女には・・・・かなぁ~と思いつつも(^_^;)

P1040384bP1040438b 今回はちょっぴりひび割れしちゃったものも。
原因はわかっているのですが、
本当に繊細なお菓子だな~と思います。

さて、
メープルシロップと
メープルシュガーをゲットしてきました♪

私のスコーンはPhoto_2
レシピを作った当初から、
お砂糖はメープルシュガーを使っていたのです。

優しい甘さと風味、ホシノを使用した
独特のふんわり感などで
みなさんにとても好評なのですが、
こちらのメープルシュガーで
さらに美味しくなるかしら。。。

楽しみに焼き上げてみたいと思いまーす♪

| コメント (0)

2013/02/14

マカロン・ショコラ

P1040300b_2 去年から
バレンタインの定番になりつつありますが・・・
(というか、あれこれ考えるのも大変だし、年に1度は作らないと不安なので(゚ー゚; )

今年もマカロンにしました♪

なんといっても、
このコロンコロンした形がキュート♪

ケーキ屋さんのように
いろんな色とテイストで焼き上げれば写真ももっとかわいいのでしょうけど、
それはあまりにも大変なのでパス。

P1040266bそれにバレンタインデーなのでした(本来の作る意味を忘れ、マカロン作りだけに没頭してしまいそうになる~ww)

今回は出来上がるまでの工程を画像でご紹介♪

まずは生地を作り上げます。
ここで大事なのはマカロナージュ。

P1040272b せっかく泡立てた生地ですが、
カードなどでつぶしてなめらかな生地にしていくんです。

これが中途半端だと、
つるりんとした艶のある焼き上がりにはなりません。

表面が先に焼き固まるので、
逃げ場を失った生地が「ピエ」を作ります。

ピエはできないとダメですが、大きすぎても失敗です。
中が大きな空洞になっている可能性大です。P1040293b

クリームを挟む前に、
同じ大きさのもので対にしておきます。

絞り上げていくと、
どんどん大きくなっていってしまいますw

バレンタインなのでP1040295b
ガナッシュを挟みます。
アクセントに、木苺のジャムも一緒に♪
チョコとラズベリーは最高の組み合わせです^^

でけた☆

おっと!
すぐに食べてはいけません。

生地の配合、
はさむフィリング、そして大事なのは
作り手がどんな食感で食べてほしいと思っているのか・・・

P1040308b によって、冷蔵庫で数時間~数日なじませます。

クリームと生地が馴染んでくるので
日々、食感が変わっていくんですよ。

また、これも配合、クリームによりますが、
冷蔵庫からだしたてだと
クリームが硬すぎて、感じて欲しい食感とはまったく違うことがあります。
もちろん、真夏にクーラーのないところで出しっぱなしなんてイケマセン。

冷蔵庫から出したてじゃなくても・・・
室温が10度以下だと
食感台無しなのでご注意を!!(過去に失敗ありww)

繊細なお菓子なので
材料選びから、勝負は始まっていますよ。

| コメント (0)

2013/02/08

ミラーレス一眼で遊ぶ

P1030427b けっこうお気に入りの布バッグ。

カメラを入れてお出かけしたら素敵☆
なんて思って購入し、実際すぐにいろいろ取り出せるし
しまえるしで便利に使用。

ところが友人にこっぴどくケナサレタ。

「ぺらぺら」

えーーーーーっ

以前カメラマンのアシスタントらしいことをしていた彼女には
信じられない光景だったらしい。

さらに、なくすから・・・という理由で
レンズキャップもリアキャップも持ち歩かない。

私の行動すべてが「狂気の沙汰」だったらしい。

「今度、そんなバッグで現れたら、カメラ没収する」
P1040240bP1040242b  と言われてしまった(x_x;)

没収されては困るので、
カメラバッグというものを購入した。

カメラをしっかり保護するインナーは
取り外せるので、普通のバッグとしても持ち歩けます♪

さらに、
とにかく携帯しやすさを重視する私は、
電動レンズも購入してしまった。

このレンズ1本で、P1040243b
ある程度私にはカバーできます。

あと、パンケーキレンズを交換レンズとして持ち歩けばオッケー♪

カメラ用のお座布団も購入~。

あ、座布団にのっている
右の長いレンズは電動の望遠ズームレンズ。

こちらはスポーツ観戦用です。
なので、気合をいれてスポーツ観戦するときだけ、持ち歩けばいいんです。

エントリー用のカメラとはいえ、
機能はいっぱい。

カメラ本体は去年の5月に購入したけれど、
じっくり向き合う時間もなくて、
ほとんど使えていません。

なので時間に余裕のある今、
ちょっと遊んでみたーwP1040211bP1040215bP1040232bP1040223bP1040208b

 

こんなのが14種類も。

どんな被写体に、どうつかえばいいのか
ぜんぜんわからないw

ワンポイントカラーなんていうのもあるけれど、
どう設定するのかも調べてみなくちゃだ。

時間はあるつもりでも
どんどんやりたいこと、やらなきゃいけないことが増えてきている私です~。

 

| コメント (0)

2013/02/06

ゆるゆる生活

娘たちが受験なので
レッスンが設定できず、思いがけず、
自由な時間を手にしています。

P1040221bこうなると、普段できないことを
てきぱきと片付けていけばいいのでしょうが、
どうもぼーっとしてしまう;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

好きなだけぼーっとするのも、
そうか、やりたいリストに入っていたんだw

時々、気が向いたら
断捨離してモノを捨てまくっています。

先日、食器を随分処分して、
去年の暮れに購入した陶器のティーセット。
いつでも使えるようにお湯につけていました。P1040138b

すごーく気を使って割らないように気をつけていたのに、
やってしまった・・・

まだ、一度も使ってないのに~~。
20センチのケーキ皿。

後日、ショップに行って
また購入してきました(´・ω・`)ショボーン

いつかレッスンで使用するときまで
無事でいますように・・・。

クリームウェアっぽい
素朴な色合いのティセット。
カップはなぜかこの形が大好き。

コーヒーにも、紅茶にも、スープをいれてもいいですよね♪

P1040205b 今度はブルー系のテーブルウェアがほしいな~
なんて思っていたら、
こんなのありました。

木目のテーブルに
ブルーってとっても上品。

実はこれ、
ミニチュアです。

どこで、どういう経緯で購入したか・・・
P1040235bさっぱり覚えていないんですがw

こちらはフェーブ。

ティーポットシリーズです♪

可愛すぎて、
たとえガレット・デ・ロワを作ったとしても
入れられませんw

| コメント (0)

2013/02/01

ゆるゆるな食パン作り。

P1040140b毎朝、パン食だったりすると、
毎日とはいかなくても、
1日おきくらいには焼き上げなくてはいけない食パン。
あまり大きな型で焼いても、持て余してしまうし、
冷凍庫も余裕はなし。

なので、一番多く焼き上げるのが食パン。

みなさんも結局はそうなのではないでしょうか?

レッスンでは
「ピキル山食」
(オーブンから出したあとにトッピングにヒビがピキピキ入る山食のことです。
なぜか、一部の人達にピキラー信仰というものがありますw)
などをめざし、
P1040148b気合いれまくりで焼き上げたりしますが、

普段は、いたってゆるゆると焼き上げています。

酵母など、毎回、元気なぴちぴち酵母のわけではなく、
ひょっとして1ヶ月過ぎてない?!みたいなご老体の酵母、
粉も残っている粉を消費。

発酵器など電気を使うのはもったいないので、暖房機の上、
よって、時間はかなりかかりますが、
いいんです。
レッスンと違って、時間制限などないのですから~♪P1040151b

パネルの上に、
直接型をのせると熱いので、
プラスチック容器をかませ、温度だけはきちんと管理。
大きな袋に空気をいれて、
パン生地にくっつかないように・・・

ここでPuccaは大きな役目。
ビニールがたおれて、パン生地にくっついてしまわないように
抑えてくれていますw

P1040157b_2 最終発酵、3時間以上かかってやっと
いい感じまで上がってくれます。

しかもこれ、
途中でパンチなしです。

パンチをいれてしまうと、
さらに発酵が長引いてしまうので
生活時間によって
入れたり、入れなかったり。

P1040158bP1040133b_2パンチを入れないと、
そうとうふんわりと焼きあがるのですが、
キメはやっぱり、荒い感じにはなります。

が、ふわふわでございますよ~。

いいんです。
家族で食べるんですから、美味しければ^^。

みなさんも
肩肘はらずに、
ゆるゆる食パンを焼き上げてみてくださいね~。
いろんな発見ができたりもします♪

あ、もうやってます?!w

| コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »